オイル漏れ

オイル交換のトラブルの1つにオイル漏れが存在します。

オイル漏れと言うのは通常エンジンの中に原因があったりして起こるものですが、人為的なことが原因でオイル漏れが起こってしまうこともあります。

まずは自分のメンテナンス不足が災いして招いたケースになります。

オイル交換は通常定期的にしなければならないのですが、交換しなければエンジンのつなぎ目になっている部品であり、オイル漏れを防ぐための部品でもあるシールパッキンと呼ばれるものがどんどん劣化してしまい、その結果エンジンオイルが漏れ出す結果になってしまいます。

またこれがひどくなれば地面に大きなしみを残してしまうほどまでオイル漏れが発生したと言うケースに発展することもあるために、定期的にオイルは交換しなければならないのです。

またカーディーラーやカー用品店などのお店で頼んだ場合でもトラブルが発生することがあり、こちらはそのお店で交換した後にオイルが漏れ出したと言うケースになります。

オイル交換自体は簡単ですが、アルバイトの店員などがそう言った交換作業をやる場合もあり、技術不足や知識不足の結果オイル交換が上手く出来ず、結果的にオイル漏れを引き起こしたこともあります。
その場合は交換したお店に持って行ってみましょう。

コメント