オイル不足

人間は長い間身体を洗わなければ臭くなってしまいますが、車にとってエンジンオイルを交換しなければ深刻なダメージになってしまうことがあります。

エンジンオイルに限らず車のオイルは人間で言う血液なので、それらが車を使用することによってどんどん汚れたり量が減っていくことになります。

オイルの役割は不純物を取り除いたり各部品の動作を活性化させる働きを持っていますが、特にエンジンオイルに関してはその役割が最も強く、このエンジンオイルを交換しなければエンジンが道路を走っているときに突然止まってしまったり、エンジン自体の寿命を短くしてしまうことになってしまいます。

エンジン自体にダメージを与えてしまう事になりますから燃費がいい車でも燃費が落ち込んでしまうことになりますし、エンジン自体の冷却効率であったり不純物を取り除くことが出来なくなってしまうからです。

このような事態を防ぐためにも、まずは車を購入してから1000キロくらい走った後に1度オイルの交換をしておきましょう。

その後は5000キロくらいごとに交換するのが目安で、これがオイル不足を防ぎ、エンジンへのダメージも防いでエンジンと車の寿命を延ばす結果になるのです。

コメント