あまり車に乗らない人・良く車に乗る人

何でもそうですが、使いすぎると疲労がたまったり劣化が早くなってしまいます。

人間の身体にしてもそうですし、パソコンなどの家電製品にしても同じことが言えます。そして自動車のエンジンも同じです。

車社会と呼ばれる現在では車を使うことが当たり前になり、長距離の移動も増えました。その結果エンジンを酷使してしまい、寿命を短くする結果にもなっている車も珍しくありません。

その為にオイル交換の頻度は人によって違うと良くいわれるのはここにあります。

毎朝の通勤で良く車に乗ると言う人や、ドライブが趣味で遠くに出かけることの多い人などはその分エンジンを使っていると言うわけですから、オイルが汚れやさびからエンジンを守ってくれると言ってもエンジンを使っている分オイルの劣化も早くなってしまい、オイル交換の頻度が多くなると言うわけなのです。

そしてその逆として、普段はあまり車に乗らないという人や週末だけしか車に乗らないと言った人にとってはエンジンをそこまで酷使することもないので、オイル交換の頻度は少なくなります。

なので、オイル交換はその車を使う人によっていつ交換するのかが変わってきますので、自分が車を使う頻度を確かめてオイル交換をするようにしましょう。

コメント