細かい傷を修理するには

何年も車を運転していると一度は何かにこすってしまうなどの事故を起こしてしまうものです。そうして出来た小さな傷を放置してしまう方は少なくありませんが、こうした傷を残しておくと見た目が悪いばかりかさびがつく原因にもなり、最悪の場合はさびが広がって塗装がどんどん剥げ落ちてしまいかねません。そうしたトラブルを防ぐためにも細かいキズもしっかり修理しておく事が大切なのですが、わざわざ小さなキズのために修理工場に行くのももったいないのでここは自分でキズを修理してしまいましょう。

車についた細かい傷を修理するには色々な方法があります。洗車キズなどの非常に細かいキズの場合はコンパウンドをつけて磨くだけで簡単に綺麗なボディーにする事が出来ますし、どこかに引っ掛けてしまったときの傷はスプレー缶ではげてしまった塗装を塗りなおしてしまったり、塗装が全てはがれて下地の金属が見えてしまったときはタッチアップペンという剥がれた塗装を補填するための専用ペンがあるのでそれらを活用しつつキズを隠してしまいましょう。大きな傷の場合もある程度はごまかす事が出来ますがさすがに限界はあるので下地が大きく見えてしまうようなキズの場合は専門家に見てもらったほうが良いでしょう。

コメント