環境性能

地球規模でエコロジーと言う言葉が合い言葉になった今、クルマ業界にとっては「環境性能」を優先したクルマづくりがなによりも優先的に求められるようになっています。その結果としてクルマでは世界的に有名な日本のクルマ産業においても、もちろん業界全体で環境性能が重視されるようになり、ハイブリッドカーの開発やハイブリッドエンジンを搭載したモデルが売り出されるようになりました。

 

そうしたことからクルマのジャンルを問わずに環境性能が優先されることになり、軽自動車からミニバンまで環境性能のアップに力をそそいでいるわけです。世界に誇る日本のクルマメーカーであるトヨタでもそうした環境性能はもちろん優先されていますが、ミニバンシリーズでも環境性能がアップされています。

 

若者向けのミニバンとして販売されている「ヴォクシー」においては、兄弟車の「ノア」といっしょに環境性能が現在では初代ヴォクシーよりアップされた2代目ヴォクシーが販売されています。具体的にはエンジンに「バルブマチック」と呼ばれる、燃費性能とポテンシャルを上手く両立させたシステムを組み込むことによって環境性能をアップさせており、時代の流れに対応していると言うわけです。

 

 

 

 

 

コメント