ドレスアップベース

大柄なボディを持っているクルマと言えばやっぱりミニバンがそのジャンルに当てはまりますが、そうした大柄なボディのジャンルのクルマであるミニバンをドレスアップベースのクルマに選ぶ人は多いのです。やはりもともと大きなボディを持っているクルマでありますから、ドレスアップベースにしてさらに目立つことが出来ると言うことになります。

 

ドレスアップベースになるミニバンはどのメーカーのミニバンもそうなのですが、いろいろなミニバンを出しているメーカーと言えばトヨタ自動車がひとつの例になります。そこから販売されているミニバンで、若者向けのミニバンとして人気が高い「ヴォクシー」もドレスアップベースとしてかなり人気があります。ヴォクシーの兄弟車として「ノア」もありますが、どちらかと言えばドレスアップベースとしては大人向けのノアよりも若者向けのヴォクシーに軍配が上がる傾向にあります。

 

ノアとの差別化をはかるためにデザインを多少変更されて生み出されたこのヴォクシーは、そのデザインこそが若者向けになっており、そうしたところからドレスアップベースとしてマフラー改造やローダウンなどのドレスアップの人気が高いと言うことになっているのです。

 

 

 

 

 

特別仕様車

特別仕様車とよばっるクルマのモデルが存在することがありますが、ノーマルモデルよりも良い材質のパーツが使われていたり、特種なカラーをえらぶことが出来たり、限定販売モデルであったりと言うようなことがあるからこそ「特別仕様車」と言うことになっているのです。

 

そんな特別仕様車は今ではほとんどの車においてラインナップされているのですが、トヨタのミニバンシリーズにおいてももちろんそうした特別仕様車がラインナップされているのです。「ノア」の兄弟車主と言う位置付けで発売された「ヴォクシー」の特別仕様車も存在していますが、ヴォクシーの特別仕様車として有名なモデルと言えばスポーツモデルの「G SPORTS」、それからノーマルより装備を充実させた「煌(きらめき)」シリーズがあります。

 

後者の煌シリーズは初代ヴォクシー、それから2代目ヴォクシーの伝統とも言える特別仕様車となっており、煌シリーズ自体もひとつだけで終わるのでは無く、「煌Ⅱ(きらめきツー)」と言うモデルが発売されたり、「煌きⅢ(きらめきスリー)」と言うモデルも発売するなど、ヴォクシーの特別仕様車はこのようにしていろいろと進化を遂げているモデルになるのです。

 

 

 

 

 

環境性能

地球規模でエコロジーと言う言葉が合い言葉になった今、クルマ業界にとっては「環境性能」を優先したクルマづくりがなによりも優先的に求められるようになっています。その結果としてクルマでは世界的に有名な日本のクルマ産業においても、もちろん業界全体で環境性能が重視されるようになり、ハイブリッドカーの開発やハイブリッドエンジンを搭載したモデルが売り出されるようになりました。

 

そうしたことからクルマのジャンルを問わずに環境性能が優先されることになり、軽自動車からミニバンまで環境性能のアップに力をそそいでいるわけです。世界に誇る日本のクルマメーカーであるトヨタでもそうした環境性能はもちろん優先されていますが、ミニバンシリーズでも環境性能がアップされています。

 

若者向けのミニバンとして販売されている「ヴォクシー」においては、兄弟車の「ノア」といっしょに環境性能が現在では初代ヴォクシーよりアップされた2代目ヴォクシーが販売されています。具体的にはエンジンに「バルブマチック」と呼ばれる、燃費性能とポテンシャルを上手く両立させたシステムを組み込むことによって環境性能をアップさせており、時代の流れに対応していると言うわけです。

 

 

 

 

 

G SPORTS

環境性能が今のクルマには求められて来た時代になっていると言っても、それだけではクルマ好きの人間にとっては物足りないものになります。そう言う意見もあってハイブリッドやエコロジーと言うことを優先しつつも、上手くポテンシャルを引き出すことの出来るテクノロジーも融合させたグレードやモデルがクルマでは売り出されるようになりました。

 

こうした時代の変化を上手くあらわしているチューニングカーシリーズがトヨタからは発売されているのですが、それが「G SPORTS」と呼ばれるシリーズになります。G SPORTSシリーズは今のクルマに多くラインナップされている、メーカー純正のチューンドカーシリーズなのです。ハイブリッドカーのプリウスにも採用されているほか、ミニバンのシリーズにもG SPORTSシリーズがあります。

 

若者向けのミニバンとして売り出されている「ヴォクシー」においてもG SPORTSモデルが存在していますが、このヴォクシーのモデルについては専用のアルミペダル、専用のサスペンションにブレーキと言うように、なにかと「走り」をイメージさせるような装備がそこらじゅうにちりばめられている、ホットなスポーツモデルなのです。

 

 

 

 

 

ヴォクシー ウェルキャブモデル

a0007_001777

 

クルマはいろいろな人が使うものでありますが、たとえば足の不自由な人がクルマに乗ったりすることもあります。そうした人たちが集まる介護施設や病院などにおいては、外出などのときにおいてそう言った人たちを乗せるために改造されたクルマを使うことになります。

 

そのクルマと言うのは、助手席が回転して自動で上下にスライドしたり、後ろのシートを取り外してクルマごとスロープで乗せることが出来るクルマもあります。そうしたクルマを展開しているメーカーはいろいろですが、トヨタ自動車から発売されている「ウェルキャブモデル」があります。このウェルキャブモデルシリーズはいろいろなものがありますが、セダンにもコンパクトカーにもミニバンにも設定されているのです。

 

若者向けミニバンとして知られている「ヴォクシー」にもウェルキャブモデルがありますが、どう言ったところがウェルキャブモデルとなっているのはまず横のシートがリフトアップするようになっているタイプのモデル、それから後ろがスロープになっているタイプのモデル、そして車椅子のためのモデルがあります。そう言ういろいろなラインナップがウェルキャブとしてヴォクシーにも販売されているのです。

 

 

 

オイルの交換を忘れずに

普段それほど車に関心を示さないという方はメンテナンスもほとんどやっていないのではないでしょうか。車は使っているとどんどん劣化していくので、定期的にメンテナンスを行なわないとその性能をフルに発揮する事が出来なくなってしまいます。最悪の場合車の寿命を縮めることにもなりかねないので、メンテナンスは必ず行なうようにしましょう。メンテナンスといってもそれほど複雑なものでなくても大丈夫です。例えばオイル交換などは容易に行なえる割に効果が高いメンテナンスの一つなので定期的に行なうようにしたいところです。

オイルを使用しているパーツは色々ありますが、中でも重要なものといえばエンジンオイルやブレーキオイルでしょうか。どちらも車を運転しているとどんどん減ってしまいエンジンやブレーキの性能低下にもつながります。なので定期的に両方のオイル残量を確認して減っている場合は新しいオイルを追加するようにしましょう。オイルは両方ともカー用品店などで売られていますし、オイルの交換方法に関しては車の取扱説明書などにやり方が記載されているのでそれほど苦労することなく作業を行なう事が出来るでしょう。こうしたメンテナンスだけでも車に掛かる負担は大分軽減されるのでぜひお試しください。

エンジンのメンテナンス

エンジンは自動車を構成するパーツの中でも特に重要なパーツです。エンジンの寿命はそのまま自動車の寿命にも繋がるので、エンジンの調子には常に気を配るようにする事が長く同じ車に乗り続けるためには必要です。エンジンの寿命を延ばすにはこまめにメンテナンスを行なう事が必要ですが、メンテナンスと聞くと専門的な知識が求められるのではと身構えてしまう方も多いのではないでしょうか。エンジンのメンテナンスはそれほど専門的な知識が無くても行える簡単なものもあるので普段はそうしたメンテナンスを欠かさず行なうようにしましょう。

簡単に出来るメンテナンスの一つがエンジンルームのクリーニングです。エンジンルームは普段車を運転しているうちに少しずつ埃や砂が入り込んでどんどん汚くなってきます。そうするとエンジンにも悪影響を及ぼすので、定期的にエンジンルームの汚れを落とすようにしましょう。より細かいところまでクリーニングをしたい場合はエアクリーナーやスパークプラグを取り外してクリーニングを行うことも出来ますがエンジンのパーツを自分で外すのに抵抗があるという方は専門家に依頼してもOKです。その他にもオイル交換やアクセルを踏み込んでエンジン内の古いオイルを完全燃焼させたりなど出来ることはたくさんあるので試してみて下さい。

細かい傷を修理するには

何年も車を運転していると一度は何かにこすってしまうなどの事故を起こしてしまうものです。そうして出来た小さな傷を放置してしまう方は少なくありませんが、こうした傷を残しておくと見た目が悪いばかりかさびがつく原因にもなり、最悪の場合はさびが広がって塗装がどんどん剥げ落ちてしまいかねません。そうしたトラブルを防ぐためにも細かいキズもしっかり修理しておく事が大切なのですが、わざわざ小さなキズのために修理工場に行くのももったいないのでここは自分でキズを修理してしまいましょう。

車についた細かい傷を修理するには色々な方法があります。洗車キズなどの非常に細かいキズの場合はコンパウンドをつけて磨くだけで簡単に綺麗なボディーにする事が出来ますし、どこかに引っ掛けてしまったときの傷はスプレー缶ではげてしまった塗装を塗りなおしてしまったり、塗装が全てはがれて下地の金属が見えてしまったときはタッチアップペンという剥がれた塗装を補填するための専用ペンがあるのでそれらを活用しつつキズを隠してしまいましょう。大きな傷の場合もある程度はごまかす事が出来ますがさすがに限界はあるので下地が大きく見えてしまうようなキズの場合は専門家に見てもらったほうが良いでしょう。

クリーニング

最近自分の車を洗車していないという方はいらっしゃいませんか?車の洗車はたまにガソリンスタンドなどで洗車してもらうくらいで自分ではやらないという方や車内の掃除なんてほとんどしないという方も少なくないのではないかと思いますが、ボディーの汚れは非常に目立って見苦しいですし、車内の清掃を怠ると臭いが染み付いたりダニの温床になったりとせっかくの車の魅力が半減してしまいます。今までろくに車のクリーニングをやってこなかったという方は一度徹底的に車のクリーニングを行なってみてはいかがでしょうか。

ボディーのクリーニングはガソリンスタンドでもいいんじゃないかと思う方も多いかと思いますが、ガソリンスタンドなどで使われている洗車機は少々仕事が粗いためボディーに細かい傷がついてしまうことも多いので手作業で丁寧にやるのが一番です。専用のスポンジやカーシャンプーなどを売っているカー用品店はどこにでもあるので手元にそういった道具がないという方は一通りそろえておきましょう。車内の汚れも丁寧に掃除機掛けや水ぶきをしたり、フロアマットは外してよく洗ってから日干しするなど細かいところまで丁寧に仕上げましょう。ここまで徹底的にやれば長年使っていた車も新品同様になるはずです。

手軽に出来るメンテナンス

buhin500

 

自動車の寿命はおよそ10年程といわれていますが、メンテナンスを怠らず丁寧に扱うようにすれば10年以上乗り続けてもまだまだ乗り続ける事が出来るといいます。メンテナンスと聞くと車の整備に関する専門的なことを知っておかなければならないと思う方もいるかもしれませんが、それほど難しい知識や技術がなくても出来るメンテナンス法も色々あるので、普段乗っている車を大事に使い続けるためにも手軽に出来るメンテナンス法を学んでみてはいかがでしょうか。

パーツ交換などのメンテナンスはさすがに車の知識がない方にはハードルが高いと思いますがオイル交換やクリーニングなどはそれほど難しい知識がなくても大丈夫です。エンジンオイルが劣化してきたら新しいものに交換したり、エアクリーナーを取り外して清掃したりするだけでもエンジンに掛かる負担はずっと少なくなりますし、ボディーに小さな傷をつけてしまったときでも専用の修理キットなども販売されているので丁寧に修理すれば元どおりのボディーを取り戻す事が出来るでしょう。そうしたメンテナンス法を紹介している書籍なども多く出版されているので、自分の車を長く使いたいという方はチェックしてみてメンテナンスの仕方を学んでみてはいかがでしょうか。

次のページ →