オイル交換

kouzou480

 

自動車に乗っていると良く耳にする言葉が「交換」と言う言葉です。

何の交換をするのかといえばタイヤの交換であったり、パーツの交換と言うものですが、オイル交換という言葉も良く耳にします。

オイル交換と言っても車にはいくつもオイルが存在し、エンジンのオイルを始めとしてブレーキのオイルであったりミッションのオイル、デフオイル、ギアオイルなどさまざまなオイルが存在しています。

ですが一般的に「オイル交換」と言う単語と言えばエンジンオイルの交換をさしているものになります。
オイルの交換をすることは車に乗っていれば絶対にしなければなりません。
何故かと言えばオイルは人間の身体で言うと血液に当たります。

人間は血液を交換する必要はありませんが、車の血液であるオイルはエンジンの調子を正常に保ったり、トラブルを未然に防いでくれる予防薬の役割を果たすなど、人間で言うところの栄養剤でもあるからです。

この血でもあり栄養剤でもあるオイル交換を怠れば、当然それだけエンジンの寿命だけではなく車の寿命をも縮めてしまうことになりますし、エンジンが不調になったりしてトラブルの原因になってしまうなども考えられますので車に乗るときは注意しなければいけません。

 

 
リクルートカード